出張無料・即日対応 練馬区・杉並区・中野区を中心に営業展開中

【最新版】ガスコンロを高く売る方法とは?PART1

今回はガスコンロの買取についての解説をしたいと思います。ガスコンロは日頃、自炊する方にとっては欠かせない家電製品ですね。リサイクルショップがガスコンロを買取する際には、いくつかポイントがありますので今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

買取基準は何で決まるのか?

洗濯機の買取基準は以下の項目によって決まります。
上から順に価値の比重が高まります。

  • 「製造年式」
  • 「メーカー」
  • 「都市ガスかLPガスか」
  • 「コンディション」

ひとつひとつ解説していましょう。

製造年式が買取につながる

製造年式はその製品が作られた年ですね。これが何故一番重要かと言いますと、生活家電を含めた機械類というのは年を経るごとに故障率が上がっていくのが常識です。故障することなく永遠に正常な動作を続けてくれるものであればその金額に差は出ませんが、現実はそうではありません。使用年数に比例して不具合が生じる確率が上がっていくので基本的には古ければ古いほど買取価格は下がる、もしくは取り扱い不可となるケースが増えていきます。

だいたいの家電製品のラベルには「7年間正常に動くことを想定しています」というような記載があるので、使える使えないは別にしてメーカーサイドも7年間を超えるような使い方は推奨していません。

ちなみにこのラベルというのは以下の箇所に必ずあります。

  • 「ガスコンロの側面」
  • 「電池挿入部分」

ここに製造年式やその家電の製造呼称を示す「型番」というものが記載されていますので買取の依頼をされる前に一度お客様で確認されることをお勧め致します。

メーカーについて

ガスコンロのメーカーは以下のシェアグラフのように

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • パロマ

がほとんどです。冷蔵庫や洗濯機のように「国内メーカー」「海外メーカー」という違いもないので、それによって査定金額が変わるようなことはないはずです。

都市ガスかLPガスか

ガスコンロには都市ガスとLPガスが存在しますが、現代の住居環境では都市ガスの比率が若干高いと思われます。そのことから需要は都市ガスに傾いています。ただし希少性ゆえにLPガスも需要と供給のバランスから値崩れするようなことはありません。こちらもあまり査定金額に影響を与える要因ではないといえます。あくまでもその地域やお店に買いに来られるお客さん次第で判断することになると思います。

コンディションが最も大事

実はガスコンロは家電製品ではありますが、精密機械ではないので査定金額に製造年式が与える影響はそこまで大きくはないと思います。一方で調理器具なので使っていれば確実に汚れていきます、特に油汚れや焦げ付きは目立つの査定する際にもかなり気を付けてみている部分です。逆に日頃から清掃を心がけて綺麗に使っていただいたガスコンロは年式が多少古くても買取や引取になる可能性があります。

主に気を付けてほしいのが

  • 天板
  • ゴトク
  • バーナーリング
  • グリル

とにかく油汚れに気を付けて査定前に一度清掃してくだい、査定金額に差が出るはずです。

まとめ

冷蔵庫や洗濯機と比べるとあまり気を付ける点はありません、とにかく綺麗にして準備していただければいかようにも当店のスタッフが対応可能です。逆に製造年式がいかに新しくても油汚れや焦げ付きがひどいと取扱いが難しくなってしまう可能性があるのでとにかくコンディションに気を付けていただければ買取や引取で対応できると思います。