出張無料・即日対応

2019.05.19-ノーブランド家具で痛い目を見ない秘訣【買い物上手になるために】

今回はノーブランド家具で痛い目を見ているあなたに向けた対策を伝授します!

前回の記事でノーブランド家具の取り扱いについて書きましたところ、アクセスも多く大変好評だったので今回はその続きです。

https://tokyo-area.tokyo-kaitori.online/2019/05/14/2019-05-14-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%AE%B6%E5%85%B7%E3%81%AF%E6%BD%94%E3%81%8F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%A7%E3%81%99/

前回はノーブランド家具の中古需要そのものに焦点を当てて、今現在のリサイクルショップ全般で買取や引取が難しいということをお伝えしました。今回はそんなノーブランド家具で痛い目を見てしまった方々へ送る、今後どのような家具を買うべきかのアドバイス編になります。

「安く買ったはいいが、処分にお金がかかってしまっては元も子もない」

目先の安価な家具に飛びついて買ったはいいが、引っ越しなどを機に家具を捨てるはめになり、処分費用がかさんでしまったというのはよくあるケースです。

現在の住宅状況を加味しても、集合住宅を移り住んでいくことを前提に考えますといわゆる「使い捨て」が主流になるのも致し方ありません。

しかしどうせ「使い捨て」で選ぶなら、経済的にも精神満足度的にも少しでも良い家具がおススメです。

というのも実は「安い家具の金額+移転などで発生する処分費用」「転売可能な良い家具の購入価格」とだいたい同額になることが多い印象です。

むしろ「転売可能な家具」は買った金額の30-50%ほどの買取価格で戻ってくる可能性があるので、長い目で見て経済的に考えれば確実にこちらの方が上なのです。

良い家具というのはそれが置いてあるだけで日々の暮らしにハリが出るものです。初期費用には目をつぶって、賢く、より良い家具を買うべきだと思います。

そこで、より良い買い物をするために2つのポイントがありますので参考にしてください。

1【買ってはいけない家具を把握する】

まずは買って後悔する家具がどういうものかを把握することです、下記に列挙するものは処分費用が最後100%発生する家具です。

  • ノーブランド家具
  • 組み立て家具
  • IKEA
  • ニトリ
  • C級ブランド
  • 現在の住宅状況を無視した応接セットなど

これは前回の記事にも書きましたので、いまさら触れる必要もないかと思います。

今回はこれに加えて

「大塚家具/IDC」のタグがついた家具にご用心

あの体たらくで、いまや大塚家具はブランドでも何でもありません。大塚家具自身は自社ブランドと他の有名なデザイナーズブランドを混ぜて販売しているに過ぎず、見てくれに騙されて大塚家具ブランドを購入してしまうお客様が散見されますので注意が必要です。大塚家具のプライベートブランドはそのほとんどがデザインもいまいちで大きくて動かしづらく、中古価格も値崩れしているものばかりです。外見は立派そうに見えますが、大塚家具へ行っても大塚家具の自社ブランド商品には決して手を出してはいけません。

震災対策でガラスを使った家具はNG

食器棚の扉がガラスであるなどのケースは該当しませんが、

  • 天板がガラスで出来ているテーブル
  • ほぼガラスの飾り棚

これらの中古需要はゼロです、絶対に買ってはいけません。昨今の地震などの災害事情により、もしものことを考える方が増えたことが影響しています。破損した場合の危険性が高いので敬遠されるようになりました。お子様などにとっても角の部分などが危ないと判断される親御さんも同時に増えたことも理由です。

2【買って確実に損をしない家具】

これは当店であれば最悪無料引き取りで済みます、もしくは買取になるであろう家具の選び方です。

単純な話で【買ってはいけない家具】の条件に合わない家具を購入すれば良いのですが、それでは対象範囲が広すぎるので道筋として転売の利きやすいブランドや条件のご紹介です。

【困ったら無印良品で買え!!】

定番中の定番ですがもう困ったら無印良品で素直に買いましょう。ですが基本的に鉄製のラックなどは中古価値がないのでブナ材、ナラ材を用いた木製の家具を購入すべきです。

ダイニングテーブルなどは組み立て家具ともいえますが、この場合は組み立て家具のカウントから外してください。当店の扱いとして無印良品の木製家具であれば処分になってっしまうケースはほとんどありません。

【国内の北欧風家具メーカーで買え!!】

時代は北欧風です、ぬくもりのあるシンプルで合わせやすいデザインは引き続きトレンドをけん引することになるでしょう。

基本的には硬質さを感じるモダンなデザインよりも、木目のナチュラルテイストを押し出したデザインの方が受けが良いですね。

その中でもおすすめなのが、以下の3つのブランドです。

こちらのメーカーから購入した家具はほぼ鉄板の商品です。中古品でも人気が高いのでまず買取になると思います。

【リサイクルショップバイバイマーケットが選定するブランドを買え】

下記のページには当店が選定したブランドを掲載しています、こちらに該当するブランドは買取の可能性が高いです。流し見で構いませんので、ざっと目を通していただければ幸いです。

https://tokyo-area.tokyo-kaitori.online/%E5%8F%96%E6%89%B1%E5%95%86%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7/%E5%AE%B6%E5%85%B7%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E4%B8%80%E8%A6%A7/

【1LDKにも置ける大きさの家具を買え!!】

お客様のご自宅が広いからといって、それに合わせた大きな家具を買ってはいけません。処分する際の移動も大変ですし、現在の住宅事情は1ルームないしは1LDKがほとんどです。中古で購入される方というのは、そのくらいの間取りの方が多いために、部屋に入らない家具や、圧迫感のある家具は求められていません。中古購入された方のご自宅への搬入も大変なので、現在の住宅事情に合わせた扱いやすい家具を選定することが重要です。

まとめ

長らく家具の選び方について記述しましたが、これは数ある中の1例に過ぎません。それだけ世の中には多種多様な家具が出回っています。中古事情に携わってようやくニーズのあるデザインが見えてくるものであって、何の知見もない方が家具の最後を考えて購入を検討するにはあまりにもハードルが高いものだと思います。しかし当店としましては「安物買いの銭失い」という言葉にもある通り目先の安さに騙されない買い物をしていただきたいと思います。